「ほっ」と。キャンペーン
2005年 10月 16日

私の治療歴

周期19日目 36.51℃

私の不妊治療歴について、書いてみたいと思います。
不妊原因は、無月経による排卵障害です。ホルモンの働きに指令を出す脳からのシグナルに不調があります。

16歳のとき
生理がなくなる。ダイエットのしすぎ。

20歳のとき
生理がないのをずっと放置していたが、さすがにまずいと思って婦人科に行く。子宮が小さくなっていると言われた。カウフマン療法を始めて、それから10数年間、薬で生理を起こしていた。

2001年
結婚。子どもをつくる予定はまだなかった。

2004年6月
不妊治療を始めるために、不妊についてのクラスに参加する。その病院では、初診の前に必ずそのクラスに参加しないといけなかった。

2004年7月〜10月
血液検査(FSH, Progesteroneなど)、夫の精液検査。夫の精子は問題なし。

2004年11月
不妊専門医の初診。検査が一通り終わったら、排卵誘発の注射をすることになる。その後2ヶ月かけて、卵管造影検査(HSG)、MRI、子宮超音波検査を行う。MRIで下垂体腺腫が指摘されたが、不妊との関係は不明。

2005年2月
健康保険の保険会社を変えなければならなかった関係で、病院も主治医も変わる。2月から8月にかけて5周期、クロミッドでの排卵誘発をする。最初は1日2錠から始めて、1日5錠まで増やした。5周期のうち排卵があったと思われるのは2回。

2005年7月
不妊専門医を紹介され初診。注射での排卵誘発と人工授精(IUI)をすることになる。

2005年8月〜
注射周期1回目。卵がなかなか育たず中止になる。

2005年9月〜
注射周期2回目。現在に至ります。
[PR]

# by maltainca | 2005-10-16 08:29 | 不妊治療
2005年 10月 15日

いよいよ。しかし、問題発生

周期18日目 36.59℃

今日も卵胞チェックに行ってきました。昨日は15ミリだったのが、今日は18ミリに育っていました!いよいよ排卵、IUIへと進めるそうです。いつも卵胞チェックをしてくれるクリスが、「おめでとう!」と言ってハイ・ファイブと握手をしてくれました。今夜hCGを自分で注射して、IUIは明後日、日曜日の朝となります。

そこで、問題発生・・。土日はいつも行っているオフィスが休みなので、少し遠いメイン・オフィスに行かなくてはなりません。そこまでは車で30−40分かかります。
私たちは、夫の精子を家で採取して持参する予定でした。でも精子は30分以内に届けないとならないので、オフィスに行ってから採取することを勧められました。

私は「夫と話してからまた電話します」と言って、慌てて夫の職場に電話して相談しました。夫はやはり家で採りたいから、月曜日ではダメなの?と言います。夫の気持ちもわかります。私だってクリニックの小部屋で、さあ、マスターベーションしてください、って言われたら嫌だもの。

そのことをクリニックに伝えると、予約を取ってくれる受付の人は「月曜日ではダメなのよ。日曜日は朝早い予約だし、誰も見ていないし奥の部屋だから心配することないって、旦那さんに言ってちょうだい」と。「どうしても家で採取して届けるのは無理ですか?」とねばったら、ナースのイボンヌと相談させてくれて、結局45分以内に届ければいいからということで、家で採取できることになりました。よかったー。

夫は最初、IUIには抵抗があると言っていました。不妊治療にはとても協力的だし、受診の結果には一喜一憂を共にしてくれる夫ですが、IUIは不自然に感じるから抵抗があると言うのです。そのことで喧嘩もしたし、二人でかなり話し合いを重ねて、ようやく心の準備をしてくれていたところなのです。
だからここにきて、「日曜日だから家で採るのはダメになった」ということで、夫に更に嫌な気持ちを味わわせるのは避けたかった。

今夜は二人で、近くで上映される黒澤明の映画「I Live in Fear(邦題:生きものの記録)」を観にいく予定です。これは原爆をテーマに作られた映画のようです。クロサワ映画はアメリカでも凄い人気なのです。原爆についてこういう形でアメリカ人にも知ってもらえるのは、とてもいいことだなと思います.
[PR]

# by maltainca | 2005-10-15 05:24 | 不妊治療
2005年 10月 14日

希望がみえてきたような

周期17日目 36.20℃

卵胞チェックに行ってきました。左卵巣の1個が、15ミリに育っていました。2日間で2ミリ増はやっぱり遅めだなあ・・と思いながらナースのイボンヌからの電話を待っていました。
(受診した日の午後にいつもイボンヌが電話をくれて、卵胞チェックの結果と血液検査(E2)の結果をもとに主治医が指定した薬の量を教えてくれます。注射は夜、自分でしています。夫が手伝ってくれるときもあり)

その結果、このまま育っていれば3日後の日曜日にAIHができるかも、とのこと!明日また卵胞チェックに行くことになりました。うまくいくといいな。
前回の周期では、小さい卵が沢山育ってしまってなかなか大きくならず、17日間もhMGを注射した後にAIHがキャンセルされてしまったのです。だから今回、AIHまで辿り着ければ大きく前進するような気がします。
[PR]

# by maltainca | 2005-10-14 12:25 | 不妊治療
2005年 10月 13日

ブログ始めました

周期16日目 36.39℃

不妊治療日記を始めることにしました。
自分のブログやホームページを持つというのは初めての経験で、緊張しています。
以前からホームページを持つことに憧れていました。自分がよく見ているホームページの管理人さんの日常を日々のぞいていると、その管理人さんが心の友というか、アイドルのように思えてきて(私ってミーハーなんだなあ)、掲示板に書き込んで返事をもらったりすると大喜びしていました。
ブログなら私にもできるかも知れない、と思ってトライしてみました。ブログをどうやって使うかまだわからず、まごまごしています。

私は現在、アメリカのカリフォルニア州に住んでいます。今、人工授精(AIH、アメリカではIUI: Intrauterine Inseminationと呼びます)にチャレンジするため、排卵誘発の注射(Menopurという薬で、hMGの一種)を毎日打っています。周期3日目から注射を始めたのですが、なかなか卵胞が育たなくて悩んでいます。昨日、卵胞チェックに行ったときは最大で13ミリでした。20ミリくらいまで育つまで、毎日が長く感じます。

毎日、不妊治療のことに頭がとらわれて、何だかストレスがたまっているのを感じます。こうしてブログで日記をつけることで、考えを文章にするのは一つの解消法になるかなと思って楽しみにしています。
[PR]

# by maltainca | 2005-10-13 06:01